HOME記事カテゴリ > デート内容は2択

デート内容は2択

男性がもしもデートに誘った場合は、あらかじめ女性の行きたいところは聞いておきましょう。

もしも自分から誘って、ある程度自分でデートプランを考えるなら、何事も2択で女性にどうしたいか聞くのもありだと思います。

ただ「どうしたい?」と聞いてしまうと、何も自分で決められないのかという事になってしまいますし、女性が何も用意してなければただ立ち止まってしまうだけになります。

行きたい場所はある程度用意しておいたり「ここと、ここがお勧めだけどどっちがいい?」などと聞いてみましょう。

どうして2択なのかというのは、1択に絞っていると相手の希望が聞けないという事から。
そして3択以上あるものというのは、女性が悩みやすくなってしまいます。

悩む時間が長くなってしまっては意味がありませんし、候補が多ければ多いほど、ただ本人に「どうしたい?」と聞いているのと変わらないことになってきます。

つまりは、2択が相手が決めるのにも丁度良いくらいの数だという事です。

まずは自分の中でのお勧めを二つくらい用意しておきましょう。

街ぶらなどでデートする際には、ある程度決まった場所がなくても、目についた場所に入ったり買い物だけでも大分時間が潰せると思います。

ですがお昼くらいは、2択に絞ってみたらどうでしょうか。

普段はあまり相手がいったことがないような、ちょっと美味しいお店を選んでおいて、自分が紹介する形をとると良いかもしれません。

食事というのは人の好みもありますし、それにその日の気分で食べたいものが変わったりします。

だからこそ、前々から決めておくのも良いですが、その当日にどっちが良いのかの確認を取るほうが確実だという事です。

相手に選んでもらいながらも、自分が提案する事でどちらとも動きやすく、楽しんでデートを満喫できるのではないでしょうか。


合コンだけでは終わらないは、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。