HOME記事カテゴリ > 連絡の取り方で相手の好感度が分かる?

連絡の取り方で相手の好感度が分かる?

これはある程度脈ありか脈なしかを判断するものですが、大抵の人は雰囲気で分かるものです。

ですがどうしても分かりづらいという人のための基準にしますと、メールや電話などの連絡である程度の好感度というものがわかります。

合コンの後に遊びにいく約束を持ちかけたはいいけれど、一度目は忙しくて断れてしまったという人。

本当に急がしかったのであれば、大抵また誘ってといわれるはずです。

どちらにしろ一度目では判断しづらいので、いつならあけられるのかを聞きましょう。

そこで言葉を濁したり、どうも上手く遊ぶ日程を決めようとしない人は、脈が薄いと考えてもらって良いと思います。

むしろ自分からも好意をもっている人であれば、折り返し何日なら空いているという連絡をくれたりするものです。

もしも「空いている日が出来たら教える」といわれて何週間か放置された場合にも、それは希望が薄いと考えられます。

割と日本人は言葉を濁して、上手く避けていくことが多いです。

脈がないなと思った相手には、よっぽど気に入っていてターゲットだったとか言うのでなければ、早めに諦めましょう。

合コンなどで多くの出会いを求めている人ならば、その出会いを無駄にしまいと気にし続けるのではなく、そこからまた出会いを増やしていけば良いのです。

色々な人に出会うためには、さほど狙っていない人に多くの時間をかけても意味がありません。

こちら側に全然興味を示さないような人は、諦めるという手も必要なのです。

諦めるといっても、惚れた相手を諦めろというのではなく、ただひたすら異性に声をかけているのであれば、脈なしの人は諦めの判断をしたほうがいいというだけです。

この連絡の取り方でわかる好感度というのはあくまで、こういうのもあるといった参考までにしてください。


合コンだけでは終わらないは、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。