HOME記事カテゴリ > ターゲットを絞る人

ターゲットを絞る人

どうしても合コンに参加しても、必ず恋人が出来るわけではないという事から、キープを多くとっておこうと意識する人も居ます。

確かにキープをとっておく事はとても大切な事ですし、今回狙いたい相手が居なかったという理由で、友達として連絡先を持っておこうとする人も居ますが、そういった人でつい失敗しがちなことが一つあります。

それは、もしも狙いたい人が居た場合にそれを行ってしまうと、「自分以外にも見ている人が居るんだ」と判断されてしまい、相手が自分を見てくれない場合もあります。

人によっては「あっちの人のほうが素敵だよ」などと揺すりをかけてくるかもしれません。

それでも本当に狙いたい相手なのであれば、貴方のほうが素敵だと思っているという事をちゃんと伝えましょう。

狙いをしぼる人というのは、一途に見えるという事になります。

恋愛で一途な方というのはどちらかといえばモテやすいですよね。

恋愛には浮気や不倫などという障害もつきものになってきますので、一途な人と付き合いたいと思う人も多いはず。

むしろそれが理想だという人も居るでしょう。

相手にはちゃんと自分が本気だという事を示すために、本当に狙った相手だけを見て揺らぐことなく狙いを絞りましょう。

だからといって一人にがっつきすぎると、周りにとってはあからさますぎて失礼になる場合があります。

そういった場面での限度は考えなければいけません。

合コンの空気に呑まれて、ただ遊んで楽しくするだけで終わってしまっては恋愛には繋がらないのです。

狙うところは狙っていかなければならないのですから、ちゃんとターゲットは絞って、本当にこれから付き合いたいと思える相手がいたのなら、次に繋げましょう。


合コンだけでは終わらないは、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。